小規模なフリーランスに会計ソフトは最適

自営を初めてこまるのが、帳簿の整理です。
すべての事業者に税務の関係のため、会計に関する帳簿の作成が義務付けられた時から困る方も多いです。

会計ソフトとはについて紹介しています。

エクセルなどの表計算ソフトで作成も可能ですが、ある程度の会計の知識もなく作成すると税務署から内容について説明を求められたりして、仕訳をうまくしていないので納税際に大変な思いをします。かといって税理士に顧問料を支払ってまでのまだ事業が大きくないので余計な出費の思えます。

そんな時オススメなのは、市販の会計ソフトです。

以前と比べて、費目の整理が楽で、出納事項を言葉で入力し、金額を入れると勝手に仕分けをして、その機能も精度が高いですし、購入して1万円以下のものまであります。

NAVERまとめの優良サイトならこちらで見つかります。

但しこのソフトも最終的なな納税に関する資料は作成しなけれなりませんので、少し会計の知識もいります。
これ以上にいい会計ソフトのシステムがあります。
それは、クラウドを使った会計ソフトでスマフォからデータを入力するだけで、仕分けのみならず、月例の状況、納税の際の書類の作成まで行い、最後は所有のパソコンにファイルをダウンロードして、プリントアウトするだけのものです。

驚くのはこの機能のみならず、価格で月額2000円ぐらいで、安いところで機能を絞ると980円で対応してくるものもあります。



つまり税理士の顧問料の相場が5万円ぐらいと考えると格安で面倒な会計処理を行ってくれる優れものです。

このようにコストパフォーマンスのよい会計ソフトを利用することで、会計の関わる時間を減らし、自営として経営効率をよくすることが可能です。